ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2017.05.21 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2015.05.13 Wednesday

一足早いCanonのNEW撒き餌レンズEF50mm F1.8 STMレビュー

EF50mm F1.8 STM触ってきたー!!



つい先日発表されたCanonの新50mmレンズEF50mm F1.8 STMをさっそくCanonのショールームで弄りまくってきたので簡単なレビューでもしようと思います。
(とはいえ、画像データはレンズが試作機のため持ち運びは出来なかったため描写に関しての
レビューはかなり個人的主観が入っています)


まずはデザイン、マウントはプラスチックから金属に変更になってレンズ交換をガンガンしても
安心できます。外観もプラスチック製ながらも最近のCanonレンズの特徴の鏡筒に施された梨地
黒塗装で高級感漂うニュアンスと、カジュアルな印象のシルバーリングが低価格レンズながらも
チープっぽさは感じられません。


次に、気になるAFの早さは・・・普通に早いです。普通と評したのはSTM自体がUSM程高速に動くAFではないので他のCanonのUSMレンズと比べるとちょっと遅いかなという感じです。
とはいえ、使ってみて遅すぎるという印象は皆無でした(そもそもこのレンズに爆速のAFを求める人はごく少数だと思っているので)
あと、MFの操作はちょっと軽めながらもEF40mm F2.8 STMと比べてレンズが大きいこともありやりやすかったです。

ただちょっと気になった点に、STMの作動音があります。通常使用では非常に静かなのですが、
無限遠の状態から最短撮影距離付近までAFを動かすと、ちょっとした作動音がします。それまで静かに動いていた分ちょっと気になったので記述しておきます。
(この原因は前モデルと同じで、無限遠から最短撮影距離までの鏡筒が伸びがかなりあるため
そこをSTMで高速に動かすとなるとどうしても少し作動音が出てしまうと予想しています)


最後の描写に関して、色のりに解像ともに普通によく個人的には現代風オールドレンズの描写といった感じです。試しに、開放気味で撮った玉ボケの形もけっこう綺麗に丸く写すことも出来ました。あと、ボケもF1.8の明るさながらも他の50mmレンズよりも比較的寄れることが出来るため、被写体にぐっと近づいた場合のボケは大きく感じました。周辺減光も意外?と大きく出ることも無くとにかく最初の一本目のレンズとしては欲しい所は全て抑えているいいレンズだと思います。


といった感じで、レンズのデザインとAFについてはそれなりレビューは出来たかと思うんですが
肝心の画質はデータ持ち出し不可という感じで曖昧です。

ただ、ショールームのスタッフさんの話では『歪曲は前モデルよりもよくなって写りもよくなっていますよ』とのことなので、もしかしたらレンズ構成はそのままでも使用しているレンズは最新のものに変更になっているのかな?と思いました。




JUGEMテーマ:EF24-70mm F2.8L II USM
 
2014.03.20 Thursday

這い寄ってくるモフモフな生き物






抜き足差し足と近寄ってくるこの生き物







目の前まで来たのでモフモフさせていただきました。



2014.03.11 Tuesday

工場夜景その1(Canon EOS 5D Mark II + EF24-70mm F2.8L II USM)










JUGEMテーマ:EF24-70mm F2.8L II USM
 
2014.03.02 Sunday

キリ番!アクセス数が111111を達成!





だけなんですけどね・・・、とはいえアクセス数を数え始めたのがブログを始めて一年経ってからなので実際にはもうちょっとといっているはずなんですが。
途中結構休んでしたりしていますが、約二年半とけっこうもっていますねこのブログ。


そんなこんなでこれからもよろしくお願いします。



2014.02.27 Thursday

「アアルトと北欧のあたたかい光」フェア






「アールトと北欧のあたたかい光」フェア



アアルトと北欧の光をテーマにしたフェアが代官山T-SITE蔦屋書店2号館1階ブックフロアで
開催されています。ただ、開催期間は3月半ば頃(3/2)まで。
展示スペースはおそらく少なめなので、これを目当てに一時間ぐらい時間を潰すことは無理でしょうが、ココの本屋は立ち読みがしやすいので次いで色々な本を読むのもいいかもしれません。
ここで気になるのは、生産終了の特別モデルのスツールがお手頃価格で手に入ること、アルテックのスツールは新品では値下がることはないのでお得かもしれません。



JUGEMテーマ:EF24-70mm F2.8L II USM


Powered by
30days Album
PR