ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2014.03.19 Wednesday

あのイームズのイスが復刻だと・・・




Herman Miller社が復刻するファイバーグラスチェア

ポリエチレンでの復刻はドイツのVitraがもうずっと前から販売しているんですが、環境に問題
があるということでこれまでファイバーグラスでの復刻は正式にはされていませんでした・・・
(やだ、正式にはされていないだけで確かアメリカでは販売されていたような?)

お値段も5万円からと、ヴィンテージ品と比べてちょっとお高めですが新品がいいという人にはなんとか手が出る価格ではないでしょうか?しかも、発売後に二脚以上買うとポスターも付属されるようです。









2012.09.14 Friday

ポール・ケアホルム PK22(籐)


ポール・ケアホルム PK22(籐)

美術館のチェアがデザイナーズものだとついニヤッと座ってしまう自分は
やはり椅子マニアだろうか・・・

個人的には今は9月ということもありレザーよりも、涼しげな感じがする籐
の質感が好き(寒くなった下に毛皮を置くというのもよさそう)






更新の励みになりますのでよければクリックお願いします。

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

2012.04.12 Thursday

FINELのマッシュルーム ボウルとモンステラ


我が家のグリーン モンステラ

下がり仕立て(デリシオーサ)という珍しい育て方をしているんですが、水を少なめに
あまり伸びすぎないようにしたら、葉に栄養がいかなくなってきたようで・・・
暖かくなったらしっかりと水をあげようと思っております。



あと、決して水をあげるのが面倒だと思ったことなんて・・・


FINEL/カイフランク(Kaj Franck) マッシュルーム ボウル

そして、モンステラの鉢カバーに使用しているFINELのマッシュルームボウル

可愛い北欧のキノコがモノトーンで描かれたホーローボウルで、ずっしりと大きめ
サイズなので、モンステラと一緒にインテリアのオブジェとして使っています。 

ただ状態は縁部分に数カ所細かいチップがあり、程度はいいとは言えませんが、 
鉢カバーとして使用しているのでこれくらいの状態で十分です。









本日も最後まで見ていただきありがとうございました。

このブログを見て、よかった、頑張れと思った方
是非クリックお願いします。


2012.03.19 Monday

アルネ・ヤコブセン ドットスツール(後期モデル)


フリッツハンセン アルネ・ヤコブセン ドットスツール

コチラは、セブンチェアで有名なアルネ・ヤコブセンがデザインしたスツールです。
座面裏の形状から、コチラはおそらく復刻前のモデルの後期モデルになると思います。
復刻前の前期モデルことはコチラ

実はこのスツールは、写真の通り座面のダメージがひどいので格安で購入できた物なん
です。
現在リペア中なんですが、座面のプライウッドがポロポロ落ちてくるのでスツールとしては
機能しなさそう・・・なので、ディスプレイ用になるのかな?


全体写真

かなりボロボロ(これはこれでディスプレイ用としてはありだと思うんですが・・・)


足先のキャップも無いんです。(今は代わりの物を付けてます)

この椅子は現在リペア中のため手直しが成功したら写真を取り直そうと思います。





本日も最後まで見ていただきありがとうございました。

このブログを見て、よかった、頑張れと思った方
是非クリックお願いします。




2012.03.08 Thursday

ミッドセンチュリーな枕カバー



アレキサンダー・ジラルド (Alexander Girard) 枕カバー

アレキサンダー・ジラルド デザイン  "LOVE HEART"ピローケース(枕カバー)です。   
100%COTTON 製で、絵柄もかわいくとても珍しい逸品です。

このアレキサンダー・ジラルドは、チャールズ&レイ・イームズ、ジョージ・ネルソンら
と共に、モダンデザインの大衆化に尽力した方で有名な方なので名前だけでも知っている
方も多いと思います。
1952年に、ハーマン・ミラー社に新設されたテキスタイル部門長に抜擢され、以降1973年
まで21年間に300種類以上のデザインを手がけられた、ミッドセンチュリーのテキスタイル
の大御所です。



こんなパッケージでした。(実は2枚入りでもう1枚あります)


裏側のタグ

Alexander Girardとちゃんと書かれています。


そして使用図

触り心地はまだ新品という感じでなかなかいいので、これから使用していくとどうなるか
楽しみです。

本日も最後まで見ていただきありがとうございました。

このブログを見て、よかった、頑張れと思った方
是非クリックお願いします。


Powered by
30days Album
PR